2013年 09月 18日

PCXのバッテリー対策

PCXの優れたアイドリングストップ機能、信号待ちでの無駄なアイドリングを止めて、
スタートは物凄く自然にそして静かにエンジンが掛かりスムーズにスタート。
燃費にもよくて、環境にも良くお財布にも良い。

と、素晴らしい機能なんですが、あまり多用しすぎるとバッテリーの寿命をかなり縮めてしまうらしい~
買ったバイク屋さんからも忠告うけました。。

しかしこの機能は捨てがたい・・・・

バッテリーの寿命を縮める要因として、「深いサイクルの充放電を繰り返すと寿命が短くなる」(ジーエスユアサのHPより)

なので、アイドリングストップ時になるべく電気を使わないのが一番の方法です。

定番なんですけど、テールランプのLED化

楽天スーパーセールの時購入したS25ダブル球
a0320157_1315475.jpg

a0320157_13161212.jpg

大きさも問題無し。

リヤキャリアをばらして
a0320157_1317891.jpg

a0320157_13172412.jpg

取り付ける。

a0320157_13174831.jpg

無事点灯! 明るい!!

せっかくなので、キャリアのゴムパッキンをもう少し薄手の物と交換します。
a0320157_13184563.jpg

a0320157_1319320.jpg

いい感じに。

LEDは2個セットでしたので、セローのテールも交換。
a0320157_13194133.jpg

レンズ外すまでが、凄く大変。
a0320157_13202359.jpg

ぴったり収まりました。

これでセローのバッテリーも少しは寿命伸びるかな?
[PR]

by monapa2000 | 2013-09-18 22:55 | PCX


<< PCXのバッテリー対策 その2      ソロキャンプ、その後 >>